集中豪雨で35人死亡

インドネシアの首都ジャカルタがあるジャワ島の中部、中ジャワ州一帯を集中豪雨が襲い、土砂崩れや鉄砲水などで少なくとも35人が死亡、25人が行方不明となった。

洪水による家屋の浸水被害は数千棟に上る。国家防災庁が19日、明らかにした。

同州バンジャルネガラでは、土砂崩れで6人が死亡。別の場所では道路上のがれきを撤去しようとしていた9人が生き埋めになり、同庁報道官は「突然大規模な土砂崩れが通りの人々を襲い、9人の遺体が見つかった」と声明で述べた。

広告