EU市民であり続けたい

英郵便局の窓口機関でパスポートの申請も取り扱うポスト・オフィス(Post Office)の広報担当者は、正確な数や内訳は把握していないと断りつつ、アイルランドのパスポートの申請数が北アイルランドで異常な多さを記録していると述べた。

在ロンドン(London)アイルランド大使館の報道官も「この数日、アイルランドのパスポート受給資格に関する問い合わせが増加している」と認めた。

2005年1月1日以前にアイルランド島で生まれた人は誰でもアイルランド市民権を得られ、両親がアイルランド人の人も自動的にアイルランドのパスポートの申請資格が与えられる。

EUの市民権を持っていれば、域内を自由に移動できるほか、加盟諸国で就労許可なしで職を探せる。さらに公共医療機関を利用したり、福祉をはじめさまざまな権利を享受したりもできる。

英貿易交渉、難航必至

離脱派は有利な自由貿易協定(FTA)を早期に結びたい考えだが、例示したモデルには一長一短がある。EU側が受け入れるかどうかも不透明で、協議は難航必至だ。

EUを出れば移民流入につながる「人の移動の自由」や拠出金支払いはなくなるが、輸出品には関税が課され、サービス取引の自由も制限される。離脱派はモノやサービスを現状並みの条件で取引できる協定を目指し、EUが世界の国々と結んだ事例を探ってきた。

当初はノルウェーやスイスの例を参考にすると訴えたが、人の移動の自由の容認や資金拠出が必要と指摘され、口に出さなくなった。その後、ゴーブ司法相が EUとバルカン半島諸国の協定を持ち出したが、小国と同じ扱いを求める安易な発想が批判され、展望のなさを露呈してしまった。

集中豪雨で35人死亡

インドネシアの首都ジャカルタがあるジャワ島の中部、中ジャワ州一帯を集中豪雨が襲い、土砂崩れや鉄砲水などで少なくとも35人が死亡、25人が行方不明となった。

洪水による家屋の浸水被害は数千棟に上る。国家防災庁が19日、明らかにした。

同州バンジャルネガラでは、土砂崩れで6人が死亡。別の場所では道路上のがれきを撤去しようとしていた9人が生き埋めになり、同庁報道官は「突然大規模な土砂崩れが通りの人々を襲い、9人の遺体が見つかった」と声明で述べた。

ローマに初の女性市長

ローマではレンツィ首相率いる中道左派の国政与党・民主党系の市長が昨秋に汚職疑惑で辞任するなど、政治の腐敗に対して市民の怒りが強まっていた。ラッジ氏は「私は全ローマ市民にとっての市長となり、市政に正当性と透明性を取り戻す」と宣言した。

五つ星運動は欧州連合(EU)が課す厳しい緊縮財政に反発し、EUに対して批判的な態度を取っている。EU離脱の是非を問う英国民投票が23日に迫る中、欧州の反EU派が一段と勢いづくことも考えられる。

民主党は今回のローマ市長選でも候補者を擁立したが、落選した。首都での敗北は、これまで高い人気を誇ってきたレンツィ首相にとって痛手となった。

経済悪化を警告―国民投票

離脱しても再度の国民投票でEUに復帰可能と考える一部の楽観論にくぎを刺した。

会場からは移民問題などについて厳しい質問が相次いだが、首相は「英国の経済は(離脱の結果)大打撃を被る」と警告、EUにとどまることの重要性を改めて強調した。

16日にEU残留派の女性下院議員が殺害された事件を受け、各派は19日まで集会や幹部のテレビ出演を自粛していた。これまでのテレビ討論では論戦がエ スカレートすることが多かったが、事件後の空白期間を経た今回は「以前より(トーンが)抑制された内容」(BBC)となった。

米ボーイングからの航空機購入合意

イラン民間航空機構のアベドザデ総裁は、米ボーイング社から航空機100機を購入することで合意に至ったと明らかにした。政府系日刊紙イランが19日、報じた。イランの核開発に対する制裁が1月に解除されたことに基づく措置で、米国とイランの関係改善に向けた一歩となる。

アベドザデ氏によると現在、米財務省の承認を待つ段階で、契約額は未定。米国は1月以降も制裁の一部を独自に維持しており、イランは、米国の取り組みの 遅れで欧州や日本などのイラン回帰が進まないとして「米国が核合意を破るなら、我々はそれを燃やす」(最高指導者ハメネイ師)と不満を強めていた。

朝にバナナがよい理由とは?

朝にバナナが向いている理由には、バナナがとても消化吸収の早い食品であるからです。バナナのカロリーは1本約86kcal。しかし朝に食べることで、すぐに代謝や排泄に使うことができるため太る原因にならないといわれています。

バナナは消化が早いため、次の昼食まで十分な時間胃腸を休ませることが可能です。結果内臓のはたらきがよくなり、ダイエットに起こりがちな便秘も防ぐことができます。このほかバナナはビタミンやミネラルも豊富で、体調を整えてくれるだけでなくストレスの緩和にも効果的な食べ物です。

ウダイプルからチットールガル砦へ

デリーからウダイプルへは飛行機を利用。所要時間は1時間35分。遅延もなく快適なフライトでした。

ウダイプルに来たのはチットールガル砦を見るため。珍しく、夫からのリクエストです。チットールガル砦はウダイプルの街から70kmくらい離れた場所にあります。タクシー1日チャーター1,700INR、高速代は別。

砦から2kmほど手前の広場でトゥクトゥクに乗り換え砦の中へ。広場から歩こうと思えば歩ける距離だけど上り坂です。

チットールガル砦は悲しい歴史を持つ場所。14~16世紀にイスラム教徒軍による度重なる攻撃により3度も陥落したラージプート族の城塞都市で、敗北の際には男性は憤りから自害したり、女性は焼身自殺を図ったりしたそうです。

↓ 砦内にあるミーラー寺院。

今年のテーマは、“ONE AND ONLY”。

「クロムハーツ ギンザ」(CHROME HEARTS GINZA)が、今年も数量限定でバレンタインのためのオリジナルチョコレート「SWEET SPOT」を販売する。
毎年、売り切れ必至の「SWEET SPOT」の今年のテーマは、“ONE AND ONLY”。「他の誰にもかわることができない人、かけがえのない人へ」という想いのもと、作られたチョコレートは、ショッキングピンクに近い赤い色味と濃厚なフレーバーが特徴。ビターチョコレートのシェルに、ホワイトチョコレートにラズベリーを加えたガナッシュを包みこんだ。ミルクチョコレートとの組み合わせも華やかだ。
パッケージは情熱的なエモーションをイメージ。箱には赤いスクロールラベルと繊細なレース状の黒いラバーを、箱の中にはクロムハーツのアイコンの1つ、CHプラスをシールで施し、赤と黒のコントラストが効いたデザインに仕上げた。
アーティストやセレブリティのファンも多い、ライフスタイルブランド「クロムハーツ」の世界観を体現したかのような洗練されたチョコレートが、特別なバレンタインを演出してくれる。